Loading
オフィスレイアウト

オフィスレイアウト

多様化する働き方、多様化する人材に合わせて、これからのワークプレイスづくりは、"多様性"がキーワードです。

働く一人ひとりが、活き活きとして、働きやすい場所へ。

オカムラが考えるオフィスレイアウトのご提案です。

こんな事でお悩みではありませんか?

  • もっと快適なオフィスにしたい
  • もっとおしゃれなオフィスにしたい
  • そろそろオフィスの模様替えをしたい
  • フリーアドレスを取り入れてみたい
  • オフィス移転・オフィス改装を機に最新のオフィストレンドを取り入れてみたい
  • オフィス家具の入替を機に、オフィス全体を見直したい
  • 組織変更に合わせてオフィスのレイアウトを変更したい

オカムラはお客様の働き方やご要望に合ったワークプレスづくりをご提案いたします。

ゾーニング

オフィスレイアウトプランを作成する際には以下の流れで考えます。

1.スタッキングプラン
入居フロアが複数フロアになる場合に、フロアごとにゾーニング分けします
2.ブロッキングプラン
各フロアの入居部門が決まったら、機能や部門の関連度を基に入居エリアの形状や動線計画に合わせてゾーニング分けします
3.セキュリティプラン
各エリアの使用者を考慮したセキュリティプランを作成します
4.レイアウトプラン
各エリアの条件に合わせてレイアウトプランを作成します。入居人数や各エリアの必要面積に合わせて什器計画や間仕切り計画が必要です

社員食堂・カフェテリア

健康経営の潮流により、ここ10年間で自社に社員食堂を設置する企業がテナント入居において、3倍に増加しています。

食事目的だった社員食堂は、福利厚生などの目的に代わり、最近では社員の健康増進や企業のブランド価値を高めるブランディング目的で設置するケースが増加しています。

120601_2Fまったりカフェ

収納スペース

情報化社会となり十数年、紙よりもデジタルデータが増えている事は明らかです。

一方で、契約書や行政文書など法的に紙で保管が必要な文書があるのも事実です。

収納スペースの役割は、機密性の保持や関係法令の順守等の役割と文書の使用頻度、収納効率に配慮した役割の両方が求められます。

収納エリア

オフィス移転・改装の事ならオカムラへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加