Loading
  • 「働き方」を改革するのは何のため?
  • 現状の慢性的な長時間労働、すすまない女性活躍、健康に働けていないなどなど→ありたい姿、新事業創造、競争力の獲得、利益率の向上、などなど
  • オカムラの考える「働き方改革」とは。現状に対し、「付帯業務のスマート化」と「ルーチン業務の効率化」を実行し、ありたい姿を実現するための時間を増やし、その内容をより充実したものにしていくことが働き方改革であると考えています。
  • 「働き方」をどうやって改革する?
  • 現状のルーチン業務の比率を減らし、チャレンジ業務の比率をあげる、価値を生む仕事の比率をあげる。
  • オカムラは「標準業務を効率化して、チャレンジ業務増やすこと」が、働き方改革だと考えます。現在の付帯業務のスマート化と、ルーチン業務の効率化の2つを行うことによりありたい姿を実現するためのチャレンジ業務時間を生み出すことが重要です。
  • 「働き方」の何を改革する?
  • 制度、テクノロジー、環境の3つをいいバランスで保ち、自分らしさと能力を思いのままに発揮している状態を目指します。
  • オカムラは「人を中心とした3つの要素」のバランス良い改革が重要だと考えます。「制度」 「テクノロジー(IT)」 「環境」 の3要素についてしっかりと改革を推進するとともに個人の能力を最大限に発揮できるよう、人間性を捉えた働き方を考えることで「ありたい姿を実現するための働き方」が定着していくと私たちは考えます。人の意識を変え、企業風土に変化をもたらし、ありたい姿を目指すことを私たちは、働き方改革と考えています。
  • だからオカムラは提案します
  • オカムラの考える「働き方10のキーワード」「01-愛着と誇りを持って働く」企業と従業員の幸せな関係づくりが生産性を高めます。「02-会議のスピード化」効率的で効果的な成果へつなげる。会議改革からはじめる働き方改革。「03-集中と交流」集中と交流を繰り返すことで知的創造のスパイラルアップを。
  • 「04-イノベーションを起こす」人と環境が混ざり合えば、アイデアは必ず導き出せる。「05-健康に働く、ストレスをやわらげる」働く人が元気であること。それが元気な会社の基本です。「06-主体性と生産性」自らの責任で行動すれば生産性はおのずと向上します。「07-部門の壁を壊す」部門間の壁や軋轢を壊すためには「議論」ではなく「対話」が必要です。
  • 「08-ペーパーレスな働き方」目的は紙を減らすことではなく、情報共有、素早い決断等々の業務改革です。「09-多様な人材を生かす」一人ひとりの個性を活かした組織のパフォーマンス向上こそ、ダイバーシティの目的です。「10-長時間労働の是正」見直そう、長時間労働。ライフとワークのちょうどいいバランス。
  • さあ、私たちと働き方の改革をはじめましょう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加