Loading
Case Number 080402
音楽・映像企画制作企業

VAP inc. 様

本社・東京営業所

 日本テレビの系列会社である株式会社バップは音楽、映像の企画、制作、販売と自社内にスタジオを持つ エンターテイメントカンパニー。  エントランスはCDやDVDの“DISK”をデザインコンセプトにしています。 “DISK”をモチーフにしたミーティング コーナーは、重要な打合せから簡単な話し合いまで様々なシーンを想定し、テーブル席だけではなくソファ席 や小上がり席を設置しました。  オフィスのコンセプトは「知的創造スタジオ」。各職種に応じた執務スペースの設定をしています。 制作・宣伝部門は集中と交流を両立した120度デスクレイアウト、営業部門は島型対向式やフリーアドレス などを取り入れ、各所にコラボレーションやリフレッシュのスペースを設けました。これらのコンセプト、デザイン、機能については各部門の代表で構成されたプロジェクトメンバーと打合せを重ねて決定されました。

プロジェクトの詳細

所在地 : 千代田区四番町5-6
オフィス対象面積 : 1,878㎡
オフィス対象人員 : 120名
インテリア竣工 : 2005年3月
デザイン担当 : 岡村製作所・松下(オフィスデザイン)、村石(インテリアデザイン)

  • エントランスエリア

    エントランスエリア

    エレベータホールへのアイキャッチを兼ねた光壁と無人受付。

  • 執務エリア

    机上面が広くデスクパネル付の「120°L字型」。

    執務エリア
  • プレゼンテーションルーム

    プレゼンテーションルーム

    エントランスの隣にあるプレゼンテーションルーム。

  • エグゼクティブエリア

    応接スペースを併設した会長室。

    エグゼクティブエリア
  • コミュニケーションエリア

    コミュニケーションエリア

    アーティストが気軽に訪れられるアーティストルーム。

  • リフレッシュエリア

    リフレッシュエリア
  • ユーティリティエリア

    ユーティリティエリア

    コピーやFAX、作業台など機能を集約したサービスコーナー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加