Loading
Case Number 131002
農業協同組合

東京むさし農業協同組合 様

JA東京むさし本店

第26回 日経ニューオフィス賞(2013)受賞
<クリエイティブ・オフィス賞>

省エネ・照明デザインアワード2012 受賞
<公共施設・総合施設部門 グランプリ>

 三鷹、小平、国分寺、小金井、武蔵野の5つの農業協同組合が合併し、JA東京むさしが発足したのが1998年でした。当時は小さな本店でしたが、その後、本店と3つの支店に分散して基幹業務を行なっていました。新規部門の開設や職員の増加から手狭になったこともあり、拠点を統合することになりました。
 本店オフィスは、環境に配慮したさまざまな機能と工夫が積極的に導入されており、執務エリアには「次・オフィスライティングシステム」を導入。高性能LEDと自動プログラムによって、人の1日周期の生体リズムであるサーカディアンリズムに則って明るさ(照度)が変わる、健康的かつ快適な作業環境を実現しています。

プロジェクトの詳細

所在地: 東京都小金井市貫井北町1-10-1
対象面積: 4,004㎡
オフィス対象人員: 150名
インテリア竣工: 2012年 4月
デザイン担当: 久米設計(建築・インテリア)、オカムラ(インテリア施工)

事例写真

  • ロビーギャラリー

    ロビーギャラリー

    誰でも自由利用可能な市民開放スペース

  • 執務エリア

    朝から昼にかけては色温度の高い白色の明るい光

    執務エリア
  • 執務エリア

    執務エリア

    夕方から夜にかけては余分な刺激のない温白色の光

  • マルチストリート

    執務エリア中央に設けられた多目的スペース

    マルチストリート
  • 大会議室

    大会議室

    3分割可能で、パーティー・展示・講演会にも利用可能

  • 休憩室

    人の動きを感じ取れるスキップフロア形式の空間

    休憩室
  • 会議室

    会議室

    竹カゴをモチーフにした木天井のデザインが特徴的

  • 休憩室

    会議室に隣接し、食堂ラウンジとしても利用

    休憩室
  • このエントリーをはてなブックマークに追加