Loading
Case Number 170401
復興公営住宅複合ビル

仙台卸商センター 様

卸町コミュニティプラザ 「ほるせ」

 協同組合仙台卸商センター様は、2015年7月に創立50周年を迎え、その先の50年に向けて "新たな卸売業を生み出す創造的なプラットホームであり続ける"という理念に基づいた"新生卸町"を目指し、 「卸町コミュニティプラザ」を竣工しました。"ほるせ"の愛称で親しまれる施設の構築は、仙台市との協同プロジェクトで進められ、災害公営住宅(3~9階)、交流スペースやテナントスペース(1~2階)を持つ「地域に開かれたコミュニティコア」として2016年3月に始動しました。
 1~2階の空間は、様々な人々が共有で利用するラウンジ(リビングラウンジ、ビジネスラウンジ、カルチャーラウンジ)を通して、卸町プラザ(ホール)と事務局や集会所が繋がりを持つ構成です。ラウンジで各空間が重なり合うことで、利用者(卸商団地の組合員、事務局、入居者)間の活発な交流が可能になっています。

プロジェクトの詳細

所在地: 宮城県仙台市若林区卸町3-1-2
対象面積: 3,210㎡(延床面積: 9,718㎡、地上9階)
オフィス対象人員: 22名
インテリア竣工: 2016年 3月
デザイン担当:阿部仁史アトリエ(建築デザイン:基本設計、実施設計及び監理監修、家具デザイン:監修)、東北大学・本江正茂 氏(オフィス家具コーディネート)、オカムラ・三浦 隆丈(造作家具デザイン)

事例写真

  • ファサード

    ファサード

    地区整備計画ガイドラインにより、壁面後退ラインや高さ制限などを反映し、広い交差点に開かれている建物形状。

  • 卸町プラザ(ホール)

    様々な交流を促し、自由に展示・イベントスペースに使える吹き抜け空間。

    卸町プラザ(ホール)
  • リビングラウンジ

    リビングラウンジ

    催事時の控え室や軽食会場など、賃貸利用が可能な空間。

  • 事務局

    ユニバーサルレイアウト。ビジネスラウンジ側に開かれ、来訪者に素早く対応できるオフィス計画。

    事務局
  • ビジネスラウンジ

    ビジネスラウンジ

    事務局と一体となったオフィス空間。

  • ビジネスラウンジ

    可変・可動する家具を配置し、誰でも自由に使えるコワーキングスペース。

    ビジネスラウンジ
  • ビジネスラウンジ

    ビジネスラウンジ

    コミュニティを誘発する装置として機能する、窓側のハイカウンター。

  • カルチャーラウンジ

    私書箱機能に加え、通りかかる人にポスターを見せる掲示板として機能する壁面収納。

    カルチャーラウンジ
  • 会議室

    会議室

    組合・組合員等の各種ニーズに対応した会議室。

  • 特別会議室

    組合理事会・委員会が使用する会議室。

    特別会議室
  • このエントリーをはてなブックマークに追加