Loading

コラム・セミナー

TIPS

オフィスレイアウトの基準寸法┃5つのパターン例もあわせて紹介

日々の業務を行うオフィスは、レイアウトを変えることで大きな違いをもたらします。毎日長時間過ごす空間であるため、レイアウト次第で業務効率や従業員に与えるストレスの度合い、集中力にまで影響を及ぼします。

オフィスに合ったレイアウトを実現させることができれば、ストレスの軽減や集中力を高めることに繋がり、生産性を高めることも可能です。

そこで今回は、オフィス空間をプランニングする上で基本となる基準寸法から、オススメのレイアウト、そして上手に専門家に委任する方法をご紹介します。オフィスレイアウトを検討している方、改善したい方はぜひ参考にして下さい。

目次


  まとめ


1.オフィスレイアウトの基準寸法

img_qw_officelayout_1.jpg

オフィスレイアウトを考えるときに重要な点は、オフィスのレイアウト基準寸法です。通路のスペースやデスク間のスペース、機材を配置するスペース等には、それぞれ推奨される寸法があります。

のオフィスレイアウトの基準寸法は、人の導線や作業の快適性、ストレス等を考慮して定められた「ゆとり寸法」です。そのため、オフィス環境を考える際には基準寸法を踏まえたうえでのプランニングが重要となります。

ここでは、意識しておきたい寸法値について解説します。

〇通路のスペース
人の導線を左右する上で重要な項目が、通路のスペースです。このスペースが狭すぎると人のすれ違いに支障が生じるため、効率が落ちる要因となります。標準的な通路の基準寸法は1200mm以上とされており、人の通行が多いメイン通路は1600mm以上の通路幅を確保した方が良いでしょう。

〇デスクと通路のスペース
デスクと通路のスペースは、人の導線と着席しているスタッフの業務を妨げず、デスクのスタッフの離着席にも対応できるように、広めのスペースを確保することをおすすめします。そのため、通路とデスクの間は1800mmと、やや広めのスペースが基準寸法の目安なります。

〇デスクとデスクのスペース
オフィスレイアウトのパターンによっては、オフィス内にデスクを固めた島が複数できます。デスクとデスクの間のスペースは、デスク同士が背中合わせである場合には1500mm以上が基準寸法の目安です。よりゆとりを持たせたい場合には1800mm以上がおすすめです。背中合わせのスタッフ同士がぶつかったり、通路を歩いているスタッフにぶつかったりしないためにも、重要となる寸法値です。

〇デスクと壁のスペース
デスクの背後が壁になる壁際の席の基準寸法は、1500mmが目安です。頻繁に席を立つ場合や後ろをよく人が通過する場合には、1800mmと広めのスペースを確保することを推奨します。また、マネージャー席や役員席等は背後に人を通しにくくするために、あえて1200mm程度の狭い寸法とする場合もあります。

〇コピー機と壁のスペース
コピー機に代表されるオフィス機材と壁のスペースは、450mm~1200mmが基準寸法とされています。コピーを行う人とその背後に必要なスペースを確保することで、人同士の衝突を防ぐことができます。

2.オフィスレイアウト5つのパターン例

オフィスレイアウトは環境に合わせて詳細な設計を行いますが、毎回白紙の状態から設計するのではなく、ベースとなるレイアウトパターンがいくつかあります。

実際にプランニングを行う際は、環境に合わせたベースとなるレイアウトパターンを選定して、細かく調整することが一般的です。

ここからは、オフィスレイアウト設計によく用いられる代表的なパターンを5つご紹介します。

2-1.対向型レイアウト

img_qw_officelayout_2.jpg

対向型レイアウトは、部門ごとにデスクを向かい合わせに配置するレイアウトで、島形レイアウトとも呼ばれます。特徴は、常にお互いがメンバーの状況を把握できて、スムーズなコミュニケーションを取りながら業務に取り組むことができる点です。対向式レイアウトは職種を問わず適用できるため、汎用性が高く頻繁に用いられるレイアウトです。

〇メリット
最小のスペースでレイアウトが可能なうえ、導線も充分に確保できるため、通信回線の配線や座席の変更も容易です。オフィス面積を効率よく利用できるため、スペース効率が良い点も大きなメリットです。

〇デメリット
部門内でコミュニケーションが取りやすい反面、常に視線を感じて集中できず、プライバシーが損なわれるといった点がデメリットです。また、他部門の島とは隔離されており、かつ背中を向ける形となるため、部門間の交流の障壁となる点もデメリットとして挙げられます。

2-2.同向型レイアウト

img_qw_officelayout_3.jpg

同向型レイアウトは、学校の教室のように全てのデスクが同じ方向を向いていることが特徴のレイアウトです。顧客に背を向けることが無いため、店舗型ビジネスのように来客を想定したオフィスや、個々の作業が重視される業務、ある程度の集中力を求められる業務に適しています。

〇メリット
全員の視線が同じ方向を向いているため、プライバシー性が保たれており、視線によるストレスも軽減されます。背後から管理者がメンバーの状況を把握しやすいこともメリットです。

〇デメリット
導線が悪く、近隣の席としかコミュニケーションが取れません。そのため、連携が必要になる環境ではあまり見られないレイアウトになります。業務内容によっては効果的なレイアウトですが、用途が限られ汎用性に欠けることがデメリットです。

2-3.背面型レイアウト

img_qw_officelayout_4.jpg

背面型レイアウトは、お互いのデスクを背中合わせに配置するレイアウトです。チームメンバーが集合しているにも関わらず背を向けて仕事をするため、集中力が必要で、かつ要所でコミュニケーションを取る開発等の業務に適しています。

〇メリット
集中力を要する業務とコミュニケーションを要する業務を両立できることが大きなメリットです。背中合わせの中央にテーブルを配置すると、即座に個々の作業とミーティングを切り替えることもできます。

〇デメリット
チームリーダーがメンバーの状況を把握しにくいことや、他の部署との連携が難しい点、オフィススペースを大きく消費する等のデメリットがあります。パーテーションを導入するとコストの増加にも繋がるため、費用の面も考慮する必要があります。

2-4.フリーアドレス型レイアウト

img_qw_officelayout_5.jpg

フリーアドレス型とは、スタッフの席を固定せず、自由に席を選択できるレイアウトです。デスクの配置は対面型を採用する場合が多い傾向にあります。営業職のようにコミュニケーションを取る必要がある職種や、高頻度で状況に合わせてチームを編成する企画職等に適したレイアウトです。

〇メリット
コミュニケーションの活性化や、スピーディーな意思決定、オフィスの省スペースやシンプル化といったメリットがあります。部署をまたいだコミュニケーションも容易に行うことができるため、近年ニーズが高まっているレイアウトです。

〇デメリット
設備面においては通信回線を用意する程度で簡単ですが、フリーアドレス特有のマネジメント手法が必要になる点や、人間関係により配席が偏る点等のデメリットがあります。

2-5.ブース型レイアウト

img_qw_officelayout_6.jpg

ブース型レイアウトは、パネルやパーティションでデスクを囲んで、オフィス内に個々のブース型の空間を構築するレイアウトです。周囲からの視線や雑音等、集中を妨げる原因を排除してプライバシー性が保たれるため、プログラマーやデザイナー等の高い集中力を要する作業に適したレイアウトです。

〇メリット
オフィス内に個室に近い空間を作ることにより、高い集中力を要する業務の生産性やクオリティを高めることができます。黙々と作業に没頭できるため、アイデアを考えることにも適しているレイアウトです。

〇デメリット
個人が業務に集中するために作られた環境であるため、コミュニケーションや他部門との連携が難しくなる点がデメリットです。管理者からの監視も行き届きにくくなります。また、他のレイアウトと比較して、ブース環境を構築する労力とコストがかかる点もデメリットです。

3.レイアウトが思いつかない時は専門会社への依頼がおすすめ!

オフィスレイアウトは、業務内容からスタッフの構成、メンバーの導線等を緻密に考慮して設計する必要があります。自社で済ませれば安く済ませることもできますが、完成後のオフィスの使い勝手が悪かったり、後から修正しなければならなかったりする場合もあります。
社内のメンバーで良いレイアウトが思いつかなかったり、不安要素が残ったりする場合には、はじめからオフィスデザインの専門会社へ依頼することがおすすめです。

オフィスデザインの専門会社は、オフィスレイアウトやデザインに特化したプロフェッショナル集団です。専門的な知識と技術を活用し、完成度の高いレイアウトを実現します。
委託料金はもちろん請求されますが、自社で済ませる場合の時間や労力も含めて考えると、プロに任せて完成度の高いレイアウトを実施した方が良いでしょう。
専門会社に依頼する際には、これまでの実績・見積もり・施工にかかるスケジュール等をしっかりと確認を行い、細かい部分まで真摯に対応してくれる会社を選定しましょう。
もちろん、オカムラはオフィス空間づくりのプロフェッショナルとして、オフィスデザイン、オフィスレイアウトも作図からお手伝いできます。お困りの際はお気軽にお声掛けください。

まとめ

ここまでオフィスレイアウトの基本となる基準寸法から、具体的なレイアウト例までを紹介しました。

オフィスレイアウトは単なるインテリアではなく、日々の生産性から業務効率、働きやすさまで左右する重要な要素です。自社の業態やスタッフの職種に合わせた最適なレイアウトを模索すれば、得られるメリットは大きなものとなります。

オフィスレイアウトの変更や見直しを検討している方も、これまでオフィスレイアウトを意識していなかった方も、一度自社に適したレイアウトプランを検討してみましょう。

この記事は2019年8月 6日に投稿されたものです

あわせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社 オカムラ

オフィス構築ソリューション